スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

2008-4-25PFコメント

■ベンチマークとの比較

 ■ポートフォリオの実績 (+2.38%)
   ※追加資金がある場合は先週比較に影響を及ぼさないように計算しています

 ■TOPIX
  先週 1,304.06 今週 1,339.91 +35.85 (+2.75%)


■受取配当金 (税込み額、株主優待のオークション換金額等を含む)

   年初来 105,990+1,700= 107,690(2008/1/1-3/7)

  今週分
         イオン 1700(配当金)

■ポイント・金券収益
     2008/1以来  23,660 (2008/1/1-)

  今週分

             未使用分ポイント残高
               ANAマイル 9,213×1円
                 

■コメント

今週はTOPIXに若干アンダーパフォームしています。
REITが軟調であったことが一番影響が大きいと思われます。

しかし、一部REITの下落はすごいですね。。信用力の高いと思われるREITは比較的堅調なのですが、下位のREITのひどいことひどいこと。(^^; とは言え、もう少し比率を上げようと思っているのでここはチャンスととらえて機会を待ちます。ただ、ほしい銘柄は全然下がらないんですよね。日本プライムリアルティとか。。(^^;

■銘柄を一部入れ替え
最近堅調な楽天を売却して、イートレの単位未満株売買を利用して富士フィルムと花王をちょこっとずつ買ってみました。
しかし、ポートフォリオに与える影響はほぼ無視できる程度で、コレクター的な購入に近いです。(^^;
どちらも、安い局面があれば買い増しをしていこうと思っていますが、今迄の経験から言うと単位株になるのはいつになることやら。。

■富士フィルムHDと富山化学工業
富士フィルムは先日TOBした富山化学工業に着目しての購入です。
まだ開発段階の鳥インフルエンザ特効薬T-705に以前から注目しています。いろいろな情報を総合的に考えてみると結構な確率で開発を成功させられるのではないかと思えてしかたがないんですよね。
さすがに富山化学工業を買うのには躊躇していたのですが、富士フィルムに買収された聞いて話が変わりました。
富士フイルムの株価は昨年のPERを見ると割高に見えましたが、強固な財務力と優秀な経営陣、昨年度までで構造改革を終了させたために今期からは収益も巡航速度にもどることなどを考えると、十分買える値段だと感じています。
例え富山化学の開発が失敗したとしても決定的なダメージを受けることはないのではないでしょうか。(^^)

ところで、是川銀蔵はガンの特効薬を開発している企業の株に入れ込んで大損したとか。。
入れ込んで失敗した経験は残念ながら私にもあるのですが、今回は慎重にいきたいと思っています。(^^;

>>続きを読む

スポンサーサイト


マイ・ポートフォリオ | コメント(7) | トラックバック(0)2008/04/25(金)21:53

2008-4-18ポートフォリオ・コメント

■ベンチマークとの比較

 ■ポートフォリオの実績 (+2.05%)
   ※追加資金がある場合は先週比較に影響を及ぼさないように計算しています

 ■TOPIX
  先週 1,278.62 今週 1,304.06 +25.44 (+1.99%)


■受取配当金 (税込み額、株主優待のオークション換金額等を含む)

   年初来 83,519+22,471= 105,990(2008/1/1から)

  今週分
         USB 1940(四半期配当金)
         イオン 20531(株主優待)

             合計   22471

■ポイント・金券収益
     2008/1以来 20,960+2,700= 23,660 (2008/1/1から)

  今週分
         JCBギフト 1800
         QUOカード    300
         ジェフグルメ    600

           合計   2700

             未使用分ポイント残高
               ANAマイル 7,213×1円
                 

■コメント

今週はほぼTOPIXと連動です。

今週は棚ぼた的にいい仕事が受注できたのをいいことに、2銘柄新規で購入しています。
GWの仕事なんだから、ご褒美もないとやってられません。(^^;

海外の欧米の優良銘柄や、最近下落率が高い中国銘柄なども気になるところですが、国内銘柄の追加です。中国はどこかの機会にETFで再参戦する予定です。(^^)

■リプラス追加購入
しばらくぶりのリプラス追加購入です。
本当は子どもの口座ができるのを待って購入しようと思っていたのですが、待ち切れずに買ってしまいました。(^^;
口座ができたら、株主優待目当てに移すつもりです。

アセットマネジメント事業はしばらくダメでしょうが、やっぱりレントゴーの将来性に執着があるんですよね。。
当初の予想値よりも緩やかな伸び率になっているとは言え順調に契約数を積み上げているのを見るとまだまだ大きな期待を寄せています。(^^)

■バンダイ・ナムコHD購入
2月の下方修正でかなり売り込まれたものの、3月に発表された約170億の固定資産売却益によって当分は下支えされると思われることから、もうちょっと安い局面もありそうだと思いつつ購入してみました。(^^) しっかりとした財務基盤という支援材料もありますしね。
ちなみに、購入の目当ては創通と同様、ここの保有する版権です。

調べていて初めて知ったのですが、浅草の「花やしき」ってバンダイナムコグループだったのですね。(^^;

■イオン株主優待・ワオン使用開始
今週、半年分のイオンの株主割引分が返却されたのですが、イオンの隣に引っ越したこともあり結構な額が返却されました。半年ごとにこれくらいの金額が返ってくるのならばラウンジでおやつや飲み物がタダで飲めるのことなども考えると、多少の株価下落は気になりません。(^^)

また、イオンの株主優待が変更されて、今までWAONを使用しての買い物では割引がきかなかったものが来週から併用が可能になりました。(^^)
WAONのポイントは0.5%と微々たるものなのですが、年間100万は使うことを考えると無視するのはもったいないんですよね。というか、こういうのが好きだという理由が一番大きいんですけど。(^^;


>>続きを読む


マイ・ポートフォリオ | コメント(4) | トラックバック(0)2008/04/18(金)22:11

2008-4-11ポートフォリオ・コメント


■ベンチマークとの比較

 ■ポートフォリオの実績 (-0.93%)
   ※追加資金がある場合は先週比較に影響を及ぼさないように計算しています

 ■TOPIX
  先週 1,288.94 今週 1,278.62 -10.32 (-0.80%)


■受取配当金 (税込み額、株主優待のオークション換金額等を含む)

   年初来 81,210+2,309= 83,519(2008/1/1-3/7)

  今週分
         シティグループ 1700(四半期配当金)
         クラフトフーズ  609(四半期配当金)
         アルトリアグループ 2260(四半期配当金)

             合計     4569

■ポイント・金券収益
     2008/1以来  20,960 (2008/1/1-)

  今週分

             未使用分ポイント残高
               ANAマイル 7,213×1円
                 

■コメント

今週はほぼTOPIXと連動です。

投資に関しては今週なんにもしなかったため、書くことがありません。
相場もほとんど見ていません。(^^;

仕事以外でしたことと言えば、土建組合への加入、旅行の補助金申請くらいでしょうか。

■旅行の補助金申請
加入している市の福利サービスで年間2泊まで一日あたり6000円の補助金が出るので、今回は箱根旅行の分として12000円の補助金申請を行いました。
子供が生まれれば、追加負担なしの登録するだけで一泊につき2000円の補助金が追加される予定です。3人子供がいれば補助金だけで24000円ですから結構バカになりません。(^^)

■土建組合へ加入
今まで医療保険、生命保険、労災にすら加入していなかった私ですが、子供が生まれるということで一念発起して土建組合へ加入しました。(^^)

以前から調べていながら結局加入していませんでしたが、仕事上の怪我や病気になった時の休業補償や医療費の心配などが組合の国保へ加入することによりずいぶんと減るはずです。

自己負担比率は普通の国保や健保などでは3割程度になっているにもかかわらず、ここでは一旦3割を支払わなくてはならないものの、月額5000円を超えた分はすべて後で戻ってくる仕組みになっており、また労災以外にも休業補償のお金がでる制度もあります。
にもかかわらず、普通に自治体の国保の保険料を払うよりよりもずっと割安というのは魅力的です。(^^)

ただ、デメリットが一つあって毎月の支払いを地元の班長さんの家まで納めに行かなければならないのです。。
毎月顔を出すことによって、職人同士の横のつながりを大事にしようという趣旨なのでしょうがちょっとだけ面倒なんですよね。(^^;

>>続きを読む


マイ・ポートフォリオ | コメント(0) | トラックバック(0)2008/04/11(金)22:42

2008-4-4ポートフォリオ・コメント

■ベンチマークとの比較

 ■ポートフォリオの実績 (+2.72%)
   ※追加資金がある場合は先週比較に影響を及ぼさないように計算しています

 ■TOPIX
  先週 1,243.81 今週 1,288.94 +45.13 +3.63%)


■受取配当金 (税込み額、株主優待のオークション換金額等を含む)

   年初来 50,906+30,304= 81,210(2008/1/1-3/7)

  今週分
         キャノン      6000(配当金)
         スタジオアリス   2500(配当金)
         リプラス      5000(配当金)
         リプラス     10000(株主優待)
         コカコーラ     2170(四半期配当金)
         BP        2754(四半期配当金)
         メルク       1880(四半期配当金)

           合計     30304

■ポイント・金券収益
     2008/1以来  20,960 (2008/1/1-)

  今週分

             未使用分ポイント残高
               ANAマイル 7,213×1円
                 

■コメント

週末、きつい仕事が入っていた関係で更新が遅れました。m(_ _)m

今週もTOPIXに対して悪いパフォーマンスになっています。
ここ1カ月くらい全然勝てません。
不動産流動化関連と自動車株の低迷が響いているようですね。(^^;。

今週は火曜日から木曜日にかけて、夫婦で箱根旅行に行ってきました。(^^)
今回は、新宿から箱根湯本までロマンスカー → 強羅まで登山鉄道→早雲山までケーブルカー→芦ノ湖までロープウェイ→芦ノ湖横断を遊覧船→箱根湯本までバスと「箱根ゴールデンコース」をたどって来ました。
ちなみに、箱根は小田急の街みたいなもので上記の一連の乗り物はすべて小田急系の会社が運営しています。都市とベットタウン、そして観光地とを線路で結び沿線を開発していく。当時、開発を立案して実行していった人たちはさぞかし楽しかったのだろうななどと考えながら旅をしていました。

同じ観光関連ということで先日購入したオリエンタルランドとからめて思いついたことを書いてみました。

■箱根旅行と外国人

まず、箱根の外国人の数に驚かされます。
一軒目が比較的大きなホテルだったのですが、もしかしたら半分以上が外国人だったのかもしれません。(^^;
大涌谷に行っても芦ノ湖に行っても外国人の多いこと多いこと。 日本人に見えても中国人だったり韓国人だったりすることがよくあるので、見かけ以上に外国人比率は高いと思います。
ビジット・ジャパン・キャンペーンの目標値である年間1000万人の誘致、難しいだろうと思っていましたが意外と達成できるのかもしれませんね。
ちなみに、キャンペーン開始時の2003年に524万人だったものが2007年度には834万人にまで増えているようです。

かわって、オリエンタルランドの年間外国人来客数は93万人程度。
これは入場者数が3分の1程度のUSJが年間90万人であることを考えると決して多い数ではありません。この差は、USJが海外に営業所を設けて積極的に誘致活動をしていることが功を奏しているようです。
少子化の影響を受けるであろうOLCですが、今後外国人入場者の誘致に力を入れればこれを埋め合わせてくれる可能性は十分にあると感じました。(^^)

■箱根旅行と観光施設の入場料金

箱根で何件か美術館やテーマパークに行きましたが、入場料はほぼ1時間当たり1000円を基準で設定されているように感じます。(映画などを考えても、それに近い数字は目安にされていると感じます)

OCLは、長期的なチケット代金の上限として平均滞在時間8.4時間×1時間当たり1000円の8400円を目安としていると言われています。
(個人的にはこんな値段になるのは勘弁してほしいですが。。(^^;)

実際、ワンデイパスポートの価格は1983年開園時3900円であったものが9回の値上げを経て今では5800円にまで上昇しております。(値上げの履歴をみると一貫して定期的に値上げを続けています)
今後、チケット料金の値上げは2009年、2011年に行われるとみられており、値上げ幅はそれぞれ300円になると予想されていますが、いままでも需要があり受け入れられていることを考えるとその可能性はかなり高いと考えられます。
株主にとっては、会社収益の向上と株主優待価値が上がることを意味するわけで、歓迎すべきことでしょう。

■アルトリアグループ、またスピンオフ
気がついたらアルトリアグループがフィリップモリスインターナショナル(PMI)をスピンオフしていました。。(^^;
これでアルトリアからはクラフト、PMIと2つの会社がスピンオフされたことになります。
スピンオフといっても、規模としてはアルトリアが1ならばクラフトが1、PMIが2.3くらいになりPMIが主力です。

>>続きを読む


マイ・ポートフォリオ | コメント(4) | トラックバック(0)2008/04/06(日)22:09

«  | HOME |  »


プロフィール

Beaver

Author:Beaver

最近の記事+コメント

カレンダー(月別)

03 ≪│2008/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。