スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

2008-4-25PFコメント

■ベンチマークとの比較

 ■ポートフォリオの実績 (+2.38%)
   ※追加資金がある場合は先週比較に影響を及ぼさないように計算しています

 ■TOPIX
  先週 1,304.06 今週 1,339.91 +35.85 (+2.75%)


■受取配当金 (税込み額、株主優待のオークション換金額等を含む)

   年初来 105,990+1,700= 107,690(2008/1/1-3/7)

  今週分
         イオン 1700(配当金)

■ポイント・金券収益
     2008/1以来  23,660 (2008/1/1-)

  今週分

             未使用分ポイント残高
               ANAマイル 9,213×1円
                 

■コメント

今週はTOPIXに若干アンダーパフォームしています。
REITが軟調であったことが一番影響が大きいと思われます。

しかし、一部REITの下落はすごいですね。。信用力の高いと思われるREITは比較的堅調なのですが、下位のREITのひどいことひどいこと。(^^; とは言え、もう少し比率を上げようと思っているのでここはチャンスととらえて機会を待ちます。ただ、ほしい銘柄は全然下がらないんですよね。日本プライムリアルティとか。。(^^;

■銘柄を一部入れ替え
最近堅調な楽天を売却して、イートレの単位未満株売買を利用して富士フィルムと花王をちょこっとずつ買ってみました。
しかし、ポートフォリオに与える影響はほぼ無視できる程度で、コレクター的な購入に近いです。(^^;
どちらも、安い局面があれば買い増しをしていこうと思っていますが、今迄の経験から言うと単位株になるのはいつになることやら。。

■富士フィルムHDと富山化学工業
富士フィルムは先日TOBした富山化学工業に着目しての購入です。
まだ開発段階の鳥インフルエンザ特効薬T-705に以前から注目しています。いろいろな情報を総合的に考えてみると結構な確率で開発を成功させられるのではないかと思えてしかたがないんですよね。
さすがに富山化学工業を買うのには躊躇していたのですが、富士フィルムに買収された聞いて話が変わりました。
富士フイルムの株価は昨年のPERを見ると割高に見えましたが、強固な財務力と優秀な経営陣、昨年度までで構造改革を終了させたために今期からは収益も巡航速度にもどることなどを考えると、十分買える値段だと感じています。
例え富山化学の開発が失敗したとしても決定的なダメージを受けることはないのではないでしょうか。(^^)

ところで、是川銀蔵はガンの特効薬を開発している企業の株に入れ込んで大損したとか。。
入れ込んで失敗した経験は残念ながら私にもあるのですが、今回は慎重にいきたいと思っています。(^^;


======= 以下、ポートフォリオ(BeaverHD)の内訳です。 =======

■BeaverHD セクター別来期予想年間収益 2007/9/28 
 ※来期EPS×株数によって収益を計算しています

  生活必需品       195,434 [ 58,929] 7.36% (27,000)
  ヘルスケア        95,310 [ 33,387] 5.38%
  エネルギー        87,116 [ 16,645] 5.45%
  素材            119,187 [ 16,600] 6.45% (1,500)
  一般消費財       314,288 [ 61,150] 14.69% (142,835)
  資本財           322,325 [ 53,138] 16.72% (17,600)
  情報技術          74,900 [15,140] 5.18%
  電気通信サービス   96,724 [17,500] 5.46%
  金融             449,888 [85,194] 27.34% (14,500)
  公益事業          7,410 [6,500] 2,71%
  不動産投資信託    78,700 [ 78,700] 1.61%
  確定拠出年金      50,625 2.58%

  予想収益力合計 1,891,907 [442,883] 23.41%  株主優待 (203,435)
  配当+優待(646,318)
  配当+優待性向(34.16%)


  総合収益力(優待込み) 2,095,342   

        月間総合収益力    174,611

        月間配当+優待     53,859


   2006-5-2時点(HDとしての集計開始日)
      予想収益力合計 1,155,430 [275,915] 23.88%
      株主優待 (65,400)
      優待込み収益力 1,220,830



■地域別組み入れ比率
  日本 78.5%
  海外 21.5%
           

          2007/11/2現在
    ※確定拠出年金の掛金も含んだ比率です。
      GICS(世界産業分類基準)に基づいた分類をしています


□ Beaver HD □ (企業数76社+2ファンド)

生活必需品 195,434 [58,929] (18,500) 配当性向 29.65%
 ○国内
   2502 アサヒビール㈱     10,920 (1,000) 12月 100株
   2914 日本たばこ産業㈱  25,268 (4,000) 3月 1株
   2918 わらべや日洋㈱    18,979 (1,000) 2月 120株
   
8263 ㈱ダイエー         4,271 2月 50株
   8267 イオン㈱           7,075 (5,000) 100株 2月
   8819 マックスバリュ東海㈱  52,130 (10,000) 200株
   2593 ㈱伊藤園 優先株      38,708 (6,000) 400株 4月

 ○海外
   BUD Anheuser-Busch Companies, Inc.  21,791 59株 12月 予
   KO  The Coca-Cola Company        18,068 52株
   MO  ALTRIA GROUP INC           16,493 30株 12月 予
   
KFT Kraft Foods Inc.               4,545 20株

ヘルスケア 95,310 [33,387] 配当性向 35.65%
 ○国内
   4502 武田薬品工業㈱       48,300 3月 100株
 ○海外
   MRK Merck & Co Inc  17,243 45株
   PFE Pfizer Inc        31,202 113株

エネルギー 87,116[16,645]配当性向 19.58%
 ○海外
   XON ExxonMobil Corporation  33.087 42株
   5051 BP p.l.c                  54,029 12月 200株
   

素材 119,187 [16,600](1,500) 配当性向 13.91%
 ○国内
   4063 信越化学工業㈱       9,440[1,400] 3月 20株
   5411 JFEHD㈱       49,977 [12,000](1,500) 3月 100株 6/29
   5713 住友金属鉱山㈱   50,200 [2,700] 3月 200株
   4005 住友化学㈱       5,030 [1,200] 3月 100株

一般消費財 314,288 [61,150] (142,835) 配当性向 20.29%
 ○国内
   2305 ㈱スタジオアリス         11,060 [2,500] (11,655) 12月 100株
   2378 ㈱ルネサンス     8,200 [2,200] (32,000) 3月 400株
   4801 セントラルスポーツ㈱     7,140[2,750] (12,000) 3月 100株
   2412 ㈱ベネフィット・ワン         6,344 [700] (3,780) 3月 1株
   2690 ㈱ソフマップ    5,760 [0](3,000) 2月 100株 予
   2712 スターバックス・コーヒー・ジャパン(株)  2,743 [200] (1,000) 3月 1株
   2702 日本マクドナルドHD㈱    6,975 [3,000] (6,500) 3月 100株
   3048 ㈱ビックカメラ    6,711 [750](3,000) 1株 8月 予
   3053 ㈱ペッパーフードサービス  9,024 [1,000](5,400) 3月 1株
   3087 ㈱ドトール・日レスHD  12,780 [2,500](2,500) 2月 100株
   7553 ㈱サザビーリーグ  21,486 [2000] (4,000) 3月 100株
   3711 ㈱創通          25,100 [4000] (500) 8月 1株
   4724 ㈱シチエ         9,916 [2,900] (10,000) 12月 100株
   6758 ソニー㈱          36,487 [2,500] 3月 100株
   7203 トヨタ自動車㈱     60,351 [12,000] 3月 100株
   7267 本田技研工業㈱     36,500 [8,000](1,000) 3月 100株
   7522 ワタミ㈱           8,698 [1,000] (12,000) 3月 100株
   7550 ㈱ゼンショー      7,724 [1,100] (6,000) 3月 100株
   7581 ㈱サイゼリヤ      9,610 [1,300] (4,500) 8月 100株
   7889 ㈱桑山            5,817 [1,800] 3月 100株
   7832 ㈱バンダイナムコHD   9,573 [2,800] 3月 100株
   9861 ㈱吉野家D&C    6,345 [1,600] (6,000) 2月 1株
   9882 ㈱イエローハット   4,500 [2,300] (6,000) 3月 100株

資本財 322,325 [53,138] (17,600) 配当性向 16.75%
 ○国内
   2768 双日HD㈱          23,020 [2,400] 3月 400株
   4319 TAC㈱            4,220 [1,200] (2,000) 3月 100株
   4666 パーク24㈱        6,360 [2,500](3,600) 10月 100株
   5185 ㈱フコク      10,380 [2,000](3,000) 3月 100株
   6201 ㈱豊田自動織機    24,670 [5,000] 3月 100株
   7619 田中商事㈱         10,259 [2,700] 3月 100株
   7949 小松ウオール工業㈱      13,310 [3,600](3,000) 3月 100株
   8001 伊藤忠商事㈱     145,490 [14,000] 3月 1000株
   9020 東日本旅客鉄道㈱  53,125 [9,000] (2,000) 3月 1株
   9369 ㈱キューソー流通システム 10,537 [1,600] (3,000)11月 100株
   9986 蔵王産業㈱       11,130 [3,300] 100株

 ○海外
   GE   General Electric Co.      14,691 [5,738] 50株

情報技術 74,257 [15,140] 21.48%
 ○国内
   7751 キヤノン㈱           42,290 [10,000] 12月 100株
   4755 楽天㈱              3,627 [100] 12月 2株

 ○海外
   MSFT Microsoft Corp    28,340 [5,040] 122株

電気通信サービス 96,724 [17,500] 18.09%
 ○国内
   9432 日本電信電話㈱    36,168 [8,000] 3月 1株
   9433 KDDI㈱            60,556 [9,500] 3月 1株

金融 414,612 [85,194] (14,500) 配当性向 18.33%
 ○国内
   8306 ㈱三菱UFJFG         9,156 [1,560] 3月 120株
   8316 ㈱三井住友FG         84,030 [7,000] 3月 1株
   8473 SBIHD㈱              85,896 [43,680] 3月 34.4株
   8591 オリックス㈱           24,897 [1,300] 3月 100株
   8701 SBIイー・トレード証券㈱   5,591 [1,700] 3月 1株
   4314 ㈱ダヴィンチ・アドバイザーズ  9,989 [0] (0) 12月 1株
   8902 パシフィックマネジメント㈱     18,600 [1,700] (0) 11月 1株
   8936 ㈱リプラス             72,303 [0] (14,500) 12月 5株(5名義)
 ○海外
   BAC Bank of America Corp.  31,388 [11,475] 50株
   AIG AIG-AMERIC.INT.GRP  25,097 [2,856] 30株
   8657 UBS AG              28,512 [8,663] 40株
    C  Citigroup Ord Shs       19,153 [6,848] 50株

公益事業 7,410 [6,500] 配当性向 8,77%
 ○国内
   9501 東京電力㈱                       7,410 [6,500] 3月 100株

不動産関連会社・REIT 132,910 [116,200](11,600)
 ○国内
   4661 ㈱オリエンタルランド       18,910 [5500](11,600) 3月,9月 100株 予
   8806 ダイビル㈱       4300 [1000] 3月,9月 100株
   8986 リプラス・レジデンシャル投資法人      28,500 [28,500] 3月,9月 1株 予
   8984 ビ・ライフ投資法人       25,000 [25,000] 5月,11月 1株
   8982 トップリート投資法人    21,200 [21,200] 4月,10月 1株 予
   8964 フロンティア不動産投資法人    35,000 [35,000] 6月,12月 1株 予


確定拠出年金 54,000
 ○国内
   2631198A 富士TOPIXオープン 10,800
 ○海外
   81312031 中央三井DC外国株式インデックスファンド 43,200

  ※ファンドの利回りは5%と仮定しています。

注)
■BeaverHDという概念
また、PF全体を Beaverホールディングス として一持株会社としてみなし、その収益の最大化をもう一つの目的としています。

■グローバル・アセット・アロケーション戦略
私の投資手法は基本的に グローバル・アセット・アロケーション戦略 に基づいています。
具体的にはモルガンスタンレーのMSCI-Worldや、ダウジョーンズのグローバルタイタンズ50種平均などをベンチマークとして設定できるようなポートフォリオを組成できることを目指しています。

■ブランドトップ100
http://bwnt.businessweek.com/brand/2006/


====================配当金受取日目安(備忘用)========================
※製作中

■1月 (36,290)
 ○国内株
  伊藤園優先株(中間配当 9,600) 1/22
  パーク24(期末配当 3,000)(株主優待 2,000) 1/25

 ○REIT
  トップリート投資法人(期末配当 10,600) 1/20

 ○海外
  コカコーラ(四半期配当 2,000)
  アルトリア・グループ(四半期配当 2,500)
  クラフトフーズ(四半期配当 590)
  メルク(四半期配当 1,950) 1/4
  GE(四半期配当 1,650) 1/29
  AIG(四半期配当 600)
  シティグループ(四半期配当 1,800)
  バンクオブアメリカ(四半期配当 3,200) 1/26

■2月 (5,600)
 ○国内株
  キューソー流通システム(期末配当 800)(株主優待 3,000)2/28
  パシフィックマネジメント(期末配当 1,800)2/28

 ○海外

■3月 (61,900)
 ○国内株
  アサヒビール(期末配当 950)(株主優待 1,000) 3/31
  本田技研工業(四半期配当 2,200)
  スタジオアリス(期末配当 2,500)
  シチエ(期末配当 1,800)(株主優待 5,000)
  日本マクドナルド(期末配当 3,000)(株主優待 3,000)
  ペッパーフードサービス(期末配当 1,000)(株主優待 2,700)
  キャノン(期末配当 5,500) 3/31
  リプラス(期末配5,000)(株主優待10,000)
  三光マーケティングフーズ(期末配当800)(株主優待3000)

 ○REIT
  フロンティア不動産投資法人(期末配当 17,500) 3/10

 ○海外
  マイクロソフト(四半期配当 1,500) 3/10
  ファイザー(四半期配当 3,600) 3/7
  エクソンモービル(四半期配当 1,650)
  アンハイザーブッシュ(四半期配当 2,200)

■4月 (40,730)
 ○国内株
  イオン(期末配当 1,700)(株主優待 15,000) 4/19
  カスミ(株主優待 5,000)


 ○海外
  コカコーラ(四半期配当 2,000)
  アルトリア・グループ(四半期配当 2,500)
  クラフトフーズ(四半期配当 590)
  メルク(四半期配当 1,950) 4/5
  GE(四半期配当 1,650) 4/26
  AIG(四半期配当 600) 4/27
  BP(四半期配当 2,800)4/4
  UBS(四半期配当 1,940)4/11
  バンクオブアメリカ(四半期配当 3,200) 4/26
  シティグループ(四半期配当 1,800)

■5月 (28,150)
 ○国内株
  わらべや日洋(期末配当 1,750)(株主優待 1,000) 5/26
  吉野家(期末配当 1,100)(株主優待 3,000) 5/29
  マックスバリュ東海(期末配当 3,100)(株主優待 5,000)
  ドトール日レスHD(期末配当1,300)(株主優待 2,500)


■6月 (201,010)
 ○国内株
  日本たばこ産業(期末配当 2,200)(株主優待 2,000)
  武田薬品工業(期末配当 8,400) 6/30
  ソニー(期末配当 1,250) 6/1
  信越化学工業(期末配当 800)
  住友金属鉱山(期末配当 3,000)
  住友化学(期末配当 600)
  JFE(期末配当 7,000) 6/29
  豊田自動織機(期末配当 2,800) 6/23
  トヨタ自動車(期末配当 7,000) 6/26
  本田技研工業(四半期配当 2,200)
  伊藤忠商事(期末配当 8,500) 6/28
  田中商事(中間配当 1,300) 6/28
  双日(期末配当 1,400)
  ルネサンス(期末配当4,400)(株主優待16,000)
  セントラルスポーツ(中間配当 2,000)(株主優待 12,000)
  ベネフィットワン(期末配当 1,500)(株主優待 3,780)
  ソフマップ(株主優待 3,000)
  スターバックス(期末配当 200)(株主優待 1,000)
  サザビーリーグ(期末配当 2,500)(株主優待 4,000)
  ワタミ(期末配当 500)(株主優待 6,000) 6/27
  ゼンショー(期末配当 600)(株主優待 3000)
  桑山(期末配当 900)
  イエローハット(期末配当 2,400)(株主優待 6,000) 6/26
  オリックス(期末配当 1,300)
  SBIHD(期末配当 22,530) 6/30
  NTT(期末配当 4,500)
  KDDI(期末配当 5,500) 6/16
  TAC(期末配当 800)(株主優待 900) 6/22
  JR東日本(期末配当 5,000)(株主優待 2,000) 6/26
  三井住友FG(期末配当 5,000) 6/30
  三菱UFJFG(期末配当 3,500) 6/30
  東京電力(期末配当 3,000)

 ○REIT
  リプラス・レジデンシャル投資法人(期末配当 13,500)

 ○海外
  マイクロソフト(四半期配当 1,500) 6/9
  ファイザー(四半期配当 3,600) 6/5
  エクソンモービル(四半期配当 1,650) 6/12
  BP (四半期配当 2,200)
  アンハイザーブッシュ(四半期配当 2,200)
   
■7月 (28,200)
 ○国内株
  伊藤園優先株(期末配当 9,600)(株主優待 8,000)

 ○REIT
  トップリート投資法人(期末配当 10,600)

 ○海外
  コカコーラ(四半期配当 2,000) 7/2
  アルトリア・グループ(四半期配当 2,500) 7/11
  クラフトフーズ(四半期配当 590) 7/9
  メルク(四半期配当 1,950) 7/4
  GE(四半期配当 1,650) 7/25
  AIG(四半期配当 600) 7/26
  バンクオブアメリカ(四半期配当 3,200) 7/25
  シティグループ(四半期配当 1,800)

■8月 (35,790)
 ○国内株
  キューソー流通システム(中間配当 800)
  キャノン(中間配当 5,500) 8/25
  リプラス(株主優待 900)
  日本マクドナルド(株主優待 3,000)
  ペッパーフードサービス(株主優待 2,700)

 ○海外
  UBS(期末配当 8,600) 8/11

■9月 (38,000)
 ○国内株
  アサヒビール(中間配当 950) 9/4
  シチエ(中間配当 1,200)(株主優待 5,000) 9/5
  本田技研工業(四半期配当 2,200)

 ○REIT
  フロンティア不動産投資法人(期末配当 17,500)

 ○海外
  マイクロソフト(四半期配当 1,500) 9/9
  ファイザー(四半期配当 3,600)
  エクソンモービル(四半期配当 1,650) 9/26
  BP(四半期配当2,200) 10/3
  アンハイザーブッシュ(四半期配当 2,200)

■10月 (15,700)
 ○国内株
  イオン(中間配当 1,700)(株主優待 9,000)
  カスミ(株主優待 5,000)

 ○海外
  バンク・オブ・アメリカ(四半期配当 3,200) 11/1
  シティグループ(四半期配当 1,800)
  AIG(四半期配当 600) 11/2
  コカコーラ(四半期配当 2,000)
  アルトリア・グループ(四半期配当 2,500)
  クラフトフーズ(四半期配当 590)
  メルク(四半期配当 1,950) 10/5
  GE(四半期配当 1,650)


■11月 (84,670)
 ○国内株
  吉野家(中間配当 1,100)(株主優待 3,000) 11/10
  ビックカメラ(期末配当 750)(株主優待 3,000)
  KDDI(中間配当 5,500) 11/24
  豊田自動織機(中間配当 2,800) 11/25
  トヨタ自動車(中間配当 7,000) 11/25
  JFE(中間配当 7,000) 11/30
  SBIHD(中間配当 22,530) 11/30

■12月 (141,900)


 ○国内株
  日本たばこ産業(中間配当 2,200)(株主優待 2,000) 11/30
  武田薬品工業(中間配当 8,400) 12/3
  ソニー(中間配当 1,250) 12/3
  信越化学工業(中間配当 800)
  伊藤忠商事(中間配当 8,500) 12/2
  住友金属鉱山(中間配当 3,000) 12/11
  住友化学(中間配当 600)
  双日(中間配当 1,400) 12/4
  JR東日本(中間配当 5,000) 12/1
  NTT(中間配当 4,500) 12/6
  イエローハット(中間配当 2,400)(株主優待 6,000) 12/7
  ルネサンス(中間配当 4,400)(株主優待 16,000)
  セントラルスポーツ(中間配当 3,500)(株主優待 12,000)
  サイゼリヤ(期末配当 1,800)(株主優待 4,500) 12/11
  TAC(中間配当 800)(株主優待 900) 12/6
  三井住友FG(中間配当 5,000) 12/7
  三菱UFJFG(中間配当 3,500) 12/7
  田中商事(中間配当 1,300) 12/11
  創通(期末配当 5,000)(株主優待 500)12/11
  本田技研工業(四半期配当 2,200)
  ワタミ(中間配当 500)(株主優待 6,000) 12/14
  東京電力(中間配当 3,000) 11/30
  ゼンショー(中間配当 600)(株主優待 3,000) 12/11
  桑山(中間配当 900) 12/20

 ○REIT
  リプラス・レジデンシャル投資法人(期末配当 13,500) 12/18

 ○海外
  BP(四半期配当 2,200) 12/29
  アンハイザーブッシュ(四半期配当 2,200)
  マイクロソフト(四半期配当 1,500) 12/9
  ファイザー(四半期配当 3,600)
  エクソンモービル(四半期配当 1,650)

スポンサーサイト


マイ・ポートフォリオ | コメント(7) | トラックバック(0)2008/04/25(金)21:53

コメント

病み上がりのエスペランサです。

懐かしいIDでのご訪問、ありがとうございました。
最近は、頭のほうは英会話の勉強と、体は筋力アップ
と、最近やっとスタジオデビューした「ボディ
コンバット」(各種格闘技を取り入れたエアロビクス)
に入れ込んでいて、投資のお勉強はほんの僅かなもの
です。

でも、株式は買って忘れるぐらいがちょうどいいなら
理想的な環境とも言えます。(^^;

ビーバーさんも、奥さん共々、あと、お腹のお子さん
もか、みんさんお元気で。
(今回、病気で臥せって、健康のありがたみをしみじみ
 感じました・・・)

2008/04/25(金)23:23| URL | エスペランサ #- [ 編集]

富山化学は1999~ネットで再開した時に爆発材料ありの仕手株で、1発投機で乗ったことがあるんですが、結果的に上手く行ったものの、今考えるとよくもあんな勝負が出来たなと当時の未熟さを痛感します(^^;)
ここは昔から開発力にだけは定評があり、今回のように大規模で強力な財務力を有する企業に取り込まれるなら良いのですが、富山化学自体は何時倒れてもおかしくないほど上場企業の中では経営が下手な企業でした。
数年前に大正製薬がバックに付いて、やれやれ一服だなと思っていたら、今回のように相思相愛?な良い企業に買収されて富山化学側も喜んでいるのではないかと思います。

へ~、大型優良株を単位未満株で積立投資ですか。
いよいよシッカリと根の張った運用に突入と言った所でしょうか?(^。^)
僕も今まで色々研究してきましたが、投資手法はケースbyケースですが、運用理念なるものは今年中にやっと出来上がりそうな感触を感じています。
長期的なパフォーマンスだけを見るなら、やはり大型優良株に分散投資ですが、優良ベンチャーを内容を継続的に見ながら投資して行くスタイルが性格的に合っているようです。
もちろん何かの拍子に記事の是川銀蔵さんのように資産がブッ飛んでも嫌なので(^^;)、ディフェンシブとしての位置付けで大型優良株を取り込みながらPF内のウェイトバランスを取って行こうと考えています。
優良大型株は武田・エーザイ・7&i・HOYA・オムロン・ホンダ等々20~30銘柄リストアップ済みですが、今はまだベンチャーの方が楽しいので、当分は資金がそちらに回って行かないと思います。
(僕の中ではSBIも顧客の為に既存勢力を攻め込んで行くベンチャーと言う位置付けです)

あとテーマとしては食(農業などの川上から外食産業などの川下まで)などオールランドに)・エネルギー(主に環境関連)を中心に興味ある所を中心にして行こうと思ってます。
(リプラスはちょっとテーマから外れてますが^^;)

2008/04/26(土)08:28| URL | 株水兵 #- [ 編集]

富士フィルムHDですかーいいですよね。
私も割高に感じていましたが、見てみるとそうでもないのですね。富山化学もいいですが、ゼロックスが気になっています。コピー機ではダントツだと思っています。

REITは「897×」以降は駄目っぽいですね(笑。
住宅専門を持っていないので、一つ位買おうかと思っています。さすがに手を出しにくいのですが、時価総額的にも買うなら日レジ辺りかなと思っています(^^;。

2008/04/27(日)00:22| URL | bowler #rkd4Vjqo [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/04/27(日)00:24| | # [ 編集]

エスペランサさん>
あっ、例のIDですか。。
実は今もヤフーではあのアドレスをメインに使ってたりするんですよね。(^^;

おぉ、スタジオデビューですか。(^^)
私もスポーツクラブに通い始めた当初はスタジオのプログラムに参加するのに抵抗があって全然行っていなかったのですが、最近では完全にそれを目当てに行っていたりします。(^^)
私がよく参加するのはボディパンプというバーベルを使った筋トレのプログなのですが、ボディコンバットも面白そうですね。
私が通っているのはルネッサンスなので「ビヨンドマーシャル」にあたるものでしょうね。http://www.s-re.jp/program/pop/studio/index11.html
今度挑戦してみますよ。(^^)

エスペランサさんも相変わらず忙しいようで、体に気をつけてください。仕事がある限りはなかなか休めないのがビジネスマンの宿命ではありますが、できる限り体を休められるようにしたいものですよね。
でも、私のように現場仕事をしていると「スポーツクラブでまだ体動かすのかよ」なんて言われていますが、エスペランサさんのように頭脳労働をされているとスポーツクラブで汗を流した方がストレスも解消できてよかったりして。(^^)

2008/04/28(月)00:22| URL | Beaver #- [ 編集]

株水兵さん>富山化学は株水兵さんも購入されたことがあったのですね。(^^)
仰るとおりこの会社開発力の評判はいいもののお世辞にも経営が上手いとは言えないんで。。
今回のTOBでお互いないところを補い合っていい結果を出せることを期待しています。医療機器と合わせて、ヘルスケア部門での年間売上1兆円という目標を是非達成してもらいたいものです。
ちなみに、大正製薬は今回のTOBにより富山化学が上場廃止になった後も34%を保有する株主になる予定みたいですね。(^^)

イートレのS株で購入すれば、単位株で買うよりは高めですが投資信託の信託報酬を考えれば比較的割安の手数料で単位未満株を積立感覚で購入していけるので、大型優良株を買うのに利用して行こうと考えています。株主優待がない銘柄ならば単位株にこだわる理由は特にないですしね。(^^)

確かに、既存勢力に攻め込んだり、新しい市場を作り出すベンチャーへの投資は楽しいですよね。
ただ私の場合、これは性格なのか自分の置かれている環境が以前と変わったからなのか、ベンチャーの市場平均よりもはるかに大きい変動率に精神がついていけなくなっているんです。。(^^;
私は、これからますますPFの安定を求めていくかもしれません。(^^)

2008/04/28(月)00:31| URL | Beaver #- [ 編集]

bowlerさん>
富士ゼロックスですか。富士フィルムはここを保有するのも大きな魅力ですよね。(^^) 合弁と言いながら、ゼロックスの持ち分を一部買い取って75%の株を持っているのも大きいですし、アジアオセアニア一円が営業の範囲というのも期待が持てます。
また、キャノンやリコーとの競争がありながら、コピー枚数ベースシェアではいまだに国内NO1というのもやはりすごいですよね。(^^)

REITは信用力がないところはもうボロクソですね。(^^;
住宅系は一部銘柄の不誠実な運用が他の銘柄にも波及しているのかもしれませんが、「ひどい」の一言です。
とは言え、住宅系のREITはどこかでもうひとつ買いたいと思っているんですよ。
オフィス系は選択肢がダイビルなどの上場不動産会社との比較で魅力的な値段まで下がるという条件付きで購入する予定です。なんだか今の調子だと無理そうですが。。

2008/04/28(月)00:39| URL | Beaver #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

Beaver

Author:Beaver

最近の記事+コメント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。